義母のMRI結果など

遅くなりましたが、義母のMRIと長谷川式スケールの認知症診断テストの結果は、
かろうじて年相応と出ました。
脳梗塞の箇所もいくつかあるが、それも年齢的に出るもので今すぐに危険ではないとのこと。
しかし、認知症専門医ではないので、鵜呑みにはできないと思ってます。
某市立病院精神科ですが、今の担当医も三月いっぱいで交替とか。
ほぼ二年ごとに変わってしまうので、なんだかなぁという感じです。
患者としては担当医が変わってしまうと不安にならないだろうか?
私でさえも「またか」と思うのに。
市立病院だと異動があるんでしょうね。

以前、読んだ『文藝春秋special 認知症最前線』の記事と照らし合わせると
やはり、義母はMCI(経度認知障害)と思えます。
『まだ認知症ではないが、健常とのグレーゾーンを指す。』
と、本書にありました。
早い話が「認知症予備軍」です。

担当医からも
『日常生活を見直しすることが望ましい』と言われました。
この日常生活を見直すというのを理解してもらうのが難しいのです。
日々、面倒だと理由をつけて怠けることが増えてきたので、
いかに面倒なことをリハビリと思ってやってもらうかが課題でしょう。
そのためには第三者の言葉が必要だと思います。
ケアマネ、ヘルパー、医師。そしてご近所さん。
家族だけでは難しい段階まで来ています。
なるべくオープンにして、少しでも助けを借りていかなければ。

・・・・・・・

義祖母のグループホーム責任者も今月で退職することになり、
来月から新しい施設責任者になります。
今まで、いろいろ気遣いして下さったので寂しいですが仕方ないですね。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
テーマ: 介護 | ジャンル: 福祉・ボランティア
Tag: 介護

今日はケアプラン見直しの日

今日は、午前中にケアマネージャーが介護事業所責任者と来ました。
義母のケアプラン見直しでした。
要介護1から2へ変更になったこと、
責任者(サービスコーディネーター)が変わったので
顔合わせということもあります。

義母と家族の要望、訪問ヘルパーからの質問など話し合い、
あとは如何に家に引きこもりがちな義母を外に向かわせるかも相談しました。
整形外科の医師からは無理のない範囲で動いても構わないと診断されてます。
膝がガクガクすること、痛むというのも太ももの筋力が落ちているからで、
そのためには運動をしてくださいと言われています。
室内でのリハビリと言っても限界があり、義母の自主性に任せても休むことが多くなる。
それにはデイサービス復活が近道なのですが…。
なんだかんだと言い訳して行きたがらない義母。
リハビリ型のデイサービスもあるとケアマネが話していたので、
その場所の資料を見せてもらう約束をしました。
半日でも1日でも選べるらしく、お昼ご飯や入浴もあるとのこと。
以前、リハビリ専門のデイサービスをやっていたのですが、
そこは運動だけで終わって帰ってくるタイプだったから、
昼食と入浴があると助かります。
まずは体験で行けるので、一度、試してもいいかと思います。

兎に角、一歩を踏み出すまでが時間がかかる義母なので、
根気よく攻めて行かねば。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
テーマ: 介護 | ジャンル: 福祉・ボランティア
Tag: 介護

今日はMRIに

今日は義母の病院付き添いでした。
1月10日のブログにも書きましたが、
理解力が低下していることなどの不安な事態があることを担当医に相談したので
今回は頭部のMRIを撮ることになったのです。

午前中、夫に車の運転をお願いし、義母を乗せて某市立病院へ向かいました。
自動受付をすませてMRIの受け付けへ直行しました。
説明を受けて待合席で待機し、義母の名前を呼ばれて義母だけが検査室へ行きました。

約10分ほどで終わると会計へ。
今日は薬もないので、支払いが終われば即帰宅できる。

MRIの結果は一日でわかるとのことですが、義母を連れて行くのが大変なので
来月の月イチの診察日に結果を話してもらいます。
その時に認知症テストも行います。
結果を知るのは怖いけど、手立てがわからずもやもやするよりいい。
停滞や後ろを向いているよりは精神的には良い。

来週月曜にはケアマネが事業所責任者と来て、
介護度が上がったのでケアプランに見直しをすることになってます。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
テーマ: 介護 | ジャンル: 福祉・ボランティア
Tag: 介護

いよいよ、な感じがして

ここ最近、義母の言動が気になっていた。

1.今までできたことができない。
2・問いかけに、すぐに反応ができない。
3.一人でよく行ってたドラッグストアの名前を思い出せない
4.一度話して聞かせたことを忘れる(しかも、短時間)
5.「何か欲しいものがあるか?買ってくるよ」との問いかけに、何が欲しいか頭に浮かばない。
  じっと考え込んでも言葉が出ない。

今までは理解力低下なのかと思っていたが、昨日今日の様子がちょっと違うような気がしてきた。
なんとなく、嫌な予感が…。

今日は月イチの市立病院の日(精神科)だったので、その不安を医師に話してみた。
単なる物忘れならいいのだけれど、年齢的なことも考えて今月にもう一度、病院に行き
頭部のMRIを撮り、その後、軽い認知症テストをすることになった。
薬は今までと同じ。それに加えて、義母が便秘気味だというので現在の薬と併用できる
漢方系の便秘薬を処方してもらった。
これは、市販の便秘薬を勝手に飲んでしまって、軟便や下痢気味の便になったことを
ケアマネがヘルパーから聞いたことで、
できるだけ市販の薬はやめて医師に処方してもらった方がいいとの助言をもらったからだ。

その後は地元近くの義母のかかりつけ整形外科へ移動した。
第一腰椎圧迫骨折後の治り具合を見るためレントゲンを撮った。
お陰様で腰の状態は良くなっている。フォルテオ注射が効いているとのこと。
腰の痛みは義母から聞かないので、医師も状態は良くなってると言った。
その代り、今度は膝が痛い、ぐらぐらする、と訴える義母だ。
前々から「腹筋や太ももも筋力が衰えているから膝がぐらぐらするんですよ」と
言われているのだけれど、その辺も義母には理解できてないのだ。
今日も同じことを言われていたが、この感覚も理解力の低下と言うより認知症の手前なのだろうか。
気になって仕方ない。

ともかく、MRIと認知症テストのあと考えることになりそうだ。

今日、書留で要介護区分変更の認定証が届いた。
要介護2に上がった。
今年の11月まで様子見となる。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
テーマ: 介護 | ジャンル: 福祉・ボランティア
Tag: 介護

介護の功 報われるには

今朝の日経新聞の21面に、先の見出しが掲載されていました。
『女性と老後』の記事を読んで、うーん、とうなってしまったのです。

”高齢者の介護について、のちの遺産分割で報われることは少ないという。(略)
義理の親と同居して献身的に介護をした嫁でも、いざ相続が発生すると理不尽な思いをすることがあるのが現実。ただ遺言を活用したり、養子縁組をしてもらったりすれば介護の苦労が報われる”(引用終わり)

まさに今の自分の立場だからです。

夫には嫁いだ妹がいます。
まったく義母の介護には関与しておらず、顔も見に来ることもほとんどない。
たまに義母が電話しているみたいだけれども。

記事を読むと要介護2以上、期間1年以上で自宅で介護していなれば寄与分は認められないとある。
現在、義母はまだ要介護1だ。
昨年12月に介護区分変更の申請をし、まだ結果が出ていない。
義母だけでなく認知症でグループホームに入居している義祖母も私と夫でみているのだ。

義母と養子縁組など、絶対に嫌だ。
申し訳ないけれど、あなたと血縁関係にはなりたくないのですよ。
嫁いでも、自分の親とは縁が切れるのはごめんです。

お金が目当てではないが、介護の労力というのはかなりある。
嫁というのはボランティアになりかねない。
少しずつ、老後のことを考えていかないといけないのかもしれない。
年齢的にも不安であるし。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
テーマ: 介護 | ジャンル: 福祉・ボランティア
Tag: 介護