「時間割のむこうがわ(小浜ユリ著)」書評記事

2015年5月8日 金曜日の日本経済新聞 夕刊
生活面の『こころの一冊』に 小浜ユリさんの『時間割のむこうがわ』が紹介されていました。
書かれたのは、元枚方市立津田図書館長 川上博幸氏。
<いつの時代も子供の心をつかむには空想と不思議の要素が必要。
小学生の読者には、心にわき起こるさざ波が心地よいだろう。>
と、最後の文面に、私も同感です。

小浜ユリさんの著書記事

この本は、2009年 第2回ポプラズッコケ文学新人賞受賞してデビュー作となったものです。
その後は「むこうがわシリーズ」として
2作目「むこうがわの切符」で第22回 椋鳩十児童文学賞受賞。
3作目の「むこうがわの友だち」が出版されています。
どれも、胸に残るお話です。

ユリさん、よかったですね~(*^_^*)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
テーマ: 書評 | ジャンル: 本・雑誌

追悼文集

追悼文集

2013年9月19日に急逝された
SF・ファンタジー研究会代表、季節風同人、サークル・拓同人の浅井利之さん。
私は2004年の6月にSF・ファンタジー研究会に参加しました。
作品の合評会を中心に活動する研究会で、たくさんことを学ばさせて頂いた気がします。
そこからプロ作家にとデビューされる人も多かった。
その中でも浅井さんの批評が大きくて、考えさせられるものがありました。

家庭の事情やもろもろの感情の変動で合評会に参加できる時間も減り、
作品を書く気力も失っていったことで休会届を出して1年と少し、
突然の訃報にただただ何があったかわからない状態でした。

研究会でご一緒だった濱野京子さん、田部智子さん、にしがきようこさん、佐藤佳代さんが中心となり
追悼文集編集委員を作り、今回このような文集「こまくさ」が完成しました。

私も浅井さんへお礼の気持ちを込めて寄稿させて頂きました。
皆さんの文章も拝読し、改めて浅井さんが多くの人に慕われていたことがわかります。

文集の前半は浅井さんの「季節風」に掲載された評論・書評など。
その他の書籍類に掲載された作品をまとめて編集されてました。
浅井さんの人柄を偲ぶ大切な文集になりました。
編集員の皆様、お忙しい中ありがとうございました。

浅井さん、児童向けの作品は書けなくなってしまいましたが、
別の形で文章を書き続けて行きたいと思ってます。
どうぞ、見守っていて下さい。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
テーマ: 日記 | ジャンル: 日記

おコン絵巻 お澄ヶ淵の大蛇

児童文学創作塾でご一緒させて頂いた
齊藤 飛鳥さんの作品紹介です。
飛鳥ちゃん、出版おめでとう~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

電子書籍での出版ですので環境が合う方のみとなりますが、
興味をお持ちの方は、どうぞよろしくお願いします。



翠琥出版
「おコン絵巻 お澄ヶ淵の大蛇 」
 齋藤飛鳥:著 停利 あやめ :イラスト

おコン絵巻 お澄ヶ淵の大蛇おコン絵巻 お澄ヶ淵の大蛇
(2013/09/29)
齊藤 飛鳥

商品詳細を見る


翠琥出版について ⇒ 翠琥出版プロジェクト
にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
テーマ: 電子書籍 | ジャンル: 本・雑誌

私が〇〇を休会した理由

2004年に入会した児童文学同人会を
2012年2月から休会しました。

理由は…いろいろあるけど、
自分自身が児童文学を目指すことに
限界を感じたのかもしれない。
やればやるほど、わからなくなっていく。
書いても、書いても、楽しくない。

もちろん、読むのは好きです。
いろんな作品を拝読しております。
しかし、読むのと書くのとでは、
まったく違うような気がしてきました。

少し、頭を冷やして、コツコツ書いてみます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
テーマ: 日記 | ジャンル: 日記

文章教室

今日は円山夢久先生の文章教室でした。

先月からの一貫したテーマは「世界観」

今日は「世界観とは?」から始まりました。
ブレーンストーミングで出し合って、
次にふたつの資料をもとにして
両者の世界観の違うところ、同じところを見つけ出す。
世界観を集約していき、
では、何をもって世界観とするか…。
トーク形式で、どんどん出していくこと数分。

はー。

もやもやとしたものが、少しずつ見えて来た。
言葉に表せないものが、明確になっていくと
「ああ、そうだったのか!」
と、閃くような感じ。

長いこと、書くことは続けて来たけど、
それゆえに見えなくなった部分がありました。
今、基礎的な講義を受け始めて、
よかったと思います
作品を書き上げることも大切だけど、
自分が今、何か足りないと感じていました。
それを、この教室で見つけているような気がします。

今日は宿題が出ました。
来月までに宿題をやって、3月も参加したいです。

円山先生、参加された皆様。
今日もありがとうございました。



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
Twilog
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへにほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
テーマ: 日記 | ジャンル: 小説・文学
Tag: 講座

文章教室

昨日(1月21日金曜日)ですが、
今年最初の文章教室に行ってきました。


講義内容は「世界観」です。
自分にとって魅力ある世界観とは?

参加者がおのおのの魅力あると思う世界観を書きだして
それをスケッチブックに描く。
グループ分けして、ディスカッションし、
共通部分とそうでない部分をまとめて、グループで発表する。
と、言う形式を最初にしました。

次は、
大人の世界と子どもの世界の違いを
掘り下げて勉強しました。

いやはや、
これはすごいです。
自分の中の子どもを再確認できました。
今回の講座を受けて、書きためて前に進まない物語を
読み返したら、きっと「はっ!」とするかもしれない。
そんなことを感じた授業でした。

次回も参加したいです。

今年は、もっともっと勉強し、書いていかないと!



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
Twilog
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへにほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ


にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
テーマ: 日記 | ジャンル: 小説・文学
Tag: 講座

第20回椋鳩十児童文学賞

gremz   チーム・マイナス6%
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

以前、このブログでもご紹介しましたが、
児童文学のサークルと、童話塾でご一緒させて頂いている
佐々木ひとみさんの『新・童話の海』入選作品である
『ぼくとあいつのラストラン』が
このたび、第20回椋鳩十児童文学賞を受賞されました。
おめでとうございます!
佐々木さんの、心の奥深い部分の温かさが、この作品に現れいて
私は大好きです。
ご本人にも何度かお会いしてますが、ほっこりと温かなお人柄です。
ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

ぼくとあいつのラストラン (新・童話の海 5)ぼくとあいつのラストラン (新・童話の海 5)
(2009/12)
佐々木 ひとみ

商品詳細を見る



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへにほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
azuminyanをフォローしましょう

にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ