週刊東洋経済 2017年1/28号 [雑誌](マイホームが「負」動産になる 持ち家が危ない)

「持ち家が危ない」が気になって購読しました。
空き家問題が騒がれる昨今のヒントになってるのかもしれない。
誰もが夢のマイホームが「負の財産」になるとは思っていない。それが相続問題となると悩む存在となってしまうなんて…。
持ち家一戸建て、マンションより賃貸のほうがいのではと考えてしまう。しかし、契約ごとに保証人が必要となると悩むところですね。

関連記事
にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
テーマ: 考えさせられる本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

高温多湿の国ですからね。
たいして持ち家の維持管理にコストがかからないなら悩むこともないんでしょうが…。

2017/01/28 (Sat) 20:37 | 児斗玉文章 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

> 高温多湿の国ですからね。
> たいして持ち家の維持管理にコストがかからないなら悩むこともないんでしょうが…。

本当に、持ち家の維持管理にお金がかかりすぎだと思います。
古くなれば価値も下がり、それでも維持費が大変(・△・;)
外国はどうなんでしょうね?日本独自のことなんでしょうか。

2017/01/29 (Sun) 14:05 | 奈央 #- | URL | 編集
No title

欧州だと
地震が少ないから石造りでもいい、
高温多湿じゃないから長持ちする
ってんで、古い洋館がたくさん残ってるって聞きました。
現代の住宅でもそうなのかは分かりませんが…

2017/02/02 (Thu) 12:12 | 児斗玉文章 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する