FC2ブログ

ブログ拍手御礼+追記

台風13号が通り過ぎたかと思えば、またすぐに14号が発生。
まるで、追いかけっこのようです。

少し涼しい日が続き、熱帯夜から解放されるのは嬉しいですね。
ぐっすり眠れるし。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008/09/19~2008/09/22の、この時間までに頂いた拍手のお礼です。
たくさんの拍手をありがとうございます。ヽ(^0^)ノ

「ありあわせのランチプレート?」への拍手をありがとうございます。
2008/09/19㈮ 18時台の方
2008/09/19㈮ 20時台の方

「最近のパソコン事情」への拍手をありがとうございます。
2008/09/20㈯ 18時台の方

「ふたつの物語を」への拍手をありがとうございます。
2008/09/20㈯ 21時台の方
2008/09/21㈰ 19時台の方
2008/09/22㈪ 6時台の方

「いわし団子と鶏ささみそば」への拍手をありがとうございます。
2008/09/21㈰ 19時台の方
2008/09/22㈪ 7時台の方
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

+追記

2008/09/23㈫ 9:23 K様
「ふたつの物語を」への拍手とコメントをありがとうございました。
 K様も異世界ファンタジーから、日本の架空の場所のファンタジーが
 好きになっていかれたのですね。

 身内の死は、いろいろなことを教えてくれます。
 私が初めて「死」を見たのは、まだ20代の頃で、
 同居中の父方の祖父でした。
 家庭で死を看取るというのも初めてのことでしたので、
 朝まで生きていた人が、数時間後に息を引き取るということを
 現実として受け止めることが難しくて、少し時間がかかりました。

 そうして、20代から今の年齢まで、
 身内の死を7人見て来ました。
 そのたびに、いろんなことを無言で教えてくれたような気がします。
 (それと、子どもの頃に飼っていたセキセイインコとかミニウサギとか、
 ミドリ亀も 最期まで看取っているので…。)

 一番身近なもの「死」から、
 改めて「命」について考えさせられることも多いですね。
 そうしていくうちに、日本の民俗風習を深く知りたくなっていって、
 妖怪やら落語・古典・時代劇にはまっておりました。

 母が絵本の読み聞かせをしてくれたことは、
 本当にありがたいことだと思います。
 お世辞にも、我が家は裕福とは言えるものではなかったのです。
 (時代的にも、ものがある時代ではなかったけど)
 幼稚園から周期的に配本される絵本を買ってくれたのだと思います。
 家族間で、いろいろあったので、唯一、母とゆっくりできる時間が夜寝る前。
 1日の終わりの、一番の楽しみでしたね。
 
 
 
 
 
 
関連記事
にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する